残り1ヶ月!超小型ドローンSMAO(シュマオ)まだ買えるぞ!

2017年10月20日

スポンサーリンク

参考:Makuake

残り1ヶ月!

iPhoneで操作できて、VRにも対応の、小型ドローン「SMAO」

今なら9,800円で購入可能です!

スポンサーリンク

SMAO(シュマオ)はどんなドローン?

ドローンの機体は、すでに発売されているドローンと酷似。(同じ会社が作っているのかな?)

プロペラがメッシュで覆われている、安全性の高いドローンです。

 

スマホ・コントローラーで操作できる!

参考:Makuake

スマホのタッチ操作で操縦可能。

 

リモコンには、スマホを取り付けるホルダーが付いているので、ドローンが映し出す映像を見ながら操縦できます!

 

VRグラス(別売り)対応・市販のVRでOK!

別売りのVRグラスを購入すれば、あたかも自分がドローンに乗っているような映像を見て、操縦を楽しめます。

市販のVRゴーグルでも大丈夫です。

 

加速度センサーを利用した操縦もできる!

SMAO(シュマオ)は、スマートフォンの加速度センサーを利用した、Gravity Sensing modeを搭載しています。

このモードを使用すれば、スマホを傾けることで、ドローンを操れます。

 

30万画素の小型カメラ搭載

画像:Makuake

このドローンで撮影した映像は、リアルタイムでソーシャルメディアに直接配信できるようです。

 

ホバリングもできる

このサイズのドローンで、ホバリング機能が付いていることは、珍しいです。他の似たようなドローンより高価なだけはあります。

 

トラッキング飛行

スマホのアプリ上に、飛行経路をなぞると、SMAOがその通りに動きます。

あまり使うことはない機能のような気がしますが、地味にすごいですね。

 

仕様

大きさ 65mm(幅)× 65mm(奥行き)× 25mm(高さ)
重さ 40グラム
赤・白・黒
バッテリー Li-ion 240mAh
飛行時間 約8分
 充電時間 約30分
 内蔵カメラ  30万画素
 通信方式  WiFi
最大通信距離  100メートル
対応端末 iPhone 5以降・iPad 4以降・Android 4.4以降

 

まとめ

1つだけ注意点があります。それは、バッテリーの交換ができないこと。飛ばすたびに充電が必要になってくるので、少し面倒くさいですね。

ホバリングや、スマホで操作などの機能が必要なければ、似たような商品が安く売っているので、そちらの商品もアリだと思います。

スポンサーリンク