コンパクトで安全な「Moment Drone」なんと飛行時間は15分!

2017年10月20日

スポンサーリンク

中国の深センから、新しいドローンが登場!クラウドファンディングのINDIEGOGOで支援者を募集中です。

機体は、Hover Camera Passport(ホバーカメラパスポート)と似ていて、プロペラが剥き出しになっていないので、安全性が高いです。

スポンサーリンク

Moment Droneの紹介動画

動画を確認すると、実際に飛んでいる様子が分かります。かなり安定して飛行しているので、キレイな動画も撮影できそうです。

 

Moment Droneの特徴

特徴は大きく分けると6つ。

  1. オートトラッキング機能
  2. スマートフォンによる簡単操作
  3. ワンキーリターン
  4. 飛行時間15分
  5. 折りたたみ式デザイン
  6. プロペラが保護されている

 

オートトラッキング機能

顔や体を登録すれば、自動で追跡して撮影可能です。もちろん、自動ホバリング・電子ブレ補正機能もあります。

 

スマホで簡単操作できる

実際に飛ばしてみると難しいんですけどね。スマホ画面を確認しながら、飛んでいるドローンも見なければいけないし……

直感的で分かりやすくて、操作しやすいといえば、操作は簡単です。

 

ボタン1つで自動で戻ってくる

GPSを搭載しているので、飛行開始位置を記録。ボタンを押すだけで、あなたの元にドローンが戻ってきます。

これは非常にありがたい機能です。飛行させていると、よくWiFiが途切れたりすることがあるので安心です。

 

飛行時間は15分間!これはすごい!

個人的に1番おどろいたのが、15分という飛行時間の長さ。たいてい公表値から、1〜2分ほど短くなる場合が多いですが、それでも10分以上!

最近はバッテリーの性能が向上したのでしょうか?DJIのドローン「Spark」の飛行時間16分に引けをとりません。

 

折りたたみデザインで旅行に持っていきやすい

ドローン本体は折りたたみ式なので、旅行先に持っていきやすいです。少しでもコンパクトになる設計はありがたいです。

 

プロペラがガードされた設計だから安心

Moment Droneは、プロペラが保護されている設計なので、万が一、人や物にぶつかっても、最低限のダメージに抑えることができます。

 

仕様まとめ

気になるのは、やはり重さ。予想どおり、結構な重量です。

 

重量はバッテリーを含むと415グラム

ドローン本体のみだと、129グラムですが、バッテリーを装着すると、415グラムになります。

やはり、15分という飛行時間を支えているのは、大容量のバッテリーのようです。

スポンサーリンク